トップメッセージ

お客様にいい味、いい笑顔をお届けします。

社長画像

コーミ株式会社 代表取締役社長 川澄 亮太

コーミ株式会社は、昭和25年(1950年)に創業者・川澄鋼一によって食品メーカーとしてスタートし、間もなく創業70周年を迎えようとしています。これもコーミ製品を愛してくださる生活者の皆さまと多くの流通企業の皆さまのご支援の賜物と心より感謝致しております。

時代は令和に代わり、世の中はますます早く変化していくと予想されます。どんなに社会が変わろうとも人間にとって大切な食を通じて、お客様へ笑顔をお届けしていきます。

現在私たちは製品、事業活動を通じて食文化への貢献、社会課題への対応を進めています。

地元の食文化を次世代に繋ぎ、広く発展させてゆくこと
農業と連携を深め、国産原料を調達し、食料自給率、農業、地域の活性化を図ること
環境に配慮した持続可能な事業活動を行うこと

どれもチャレンジングな課題ですが、これらの活動を通じて、お客様に笑顔をお届けし続け、100年愛される製品、ブランド、会社を創って参ります。

3つのこだわり

コーミは、ソース・トマト・名古屋の3つのこだわりを大切にしています。

ソースへのこだわり

創業者・川澄鋼一が、中京地区において屋台の串かつに使われていたソース(ウスターソース)の美味しさに感動し、 苦心のうえにそれを発展させ、地元の人々に合った「おいしい」ソースである「こいくちソース」が誕生しました。

「こいくちソース」はJAS特級グレードの更に上のグレードとして認められたコーミオリジナルソースであり、 これを継承し新たなソースの開発をめざしています。

トマトへのこだわり

愛知県は加工用トマト産地の草分けであり、日本で最西端の産地、かつ最も早く収穫されるエリアです。 この主産地のまん中に工場を建設した当社は、海外産のトマトペーストを加工して製品を作るだけではなく、 地域の農協や生産農家の方々と協力しながら、地元産加工用トマトを使った、 夏の時期しか作れない「旬もぎケチャップ」やジュース、国産加工用トマト製品の開発を進めています。

名古屋へのこだわり

名古屋・中京圏は、関東・関西とも違った独特な食文化、味覚を持っており、名古屋に本社を持つ当社は、 この食文化をベースとした製品を日本全国に出荷しています。 また全国の方々に、美味しい地元産の食物や食材を使った新しいユニークな製品を送り出しています。